メールや写真

Pocket

喧嘩不貞行為の証拠として使われるメールは、性行為があった事を直接話すものや、誘い、承諾を話すものでなくても構いません。一般的に見て二人の間に性行為があったとされる内容なら証拠として使われます。

例えば「襲っちゃおうかな」というメールは性行為の誘いと見なされますし、「襲われちゃった」というメールは相手からの性行為を受け入れたと見なされます。裁判官は事実を確認し、そこから不貞行為をあったかどうかを推測します。メール一通だけが証拠となるわけではなく、二人の普段の行動や着信・発信履歴も含めて判断されます。

証拠写真も、実際に性行為に及んでいる写真だけが証拠になるわけではありません。性行為は非常にプライベートな空間で行われますから、それを直接撮影する事は困難ですし、場合によっては写真撮影自体が犯罪行為になります。不貞行為の証拠となる写真は二人がホテルに入る写真や、ホテルから出てくる写真です。どちらかが一人暮らしの場合は、二人で自宅へ入る写真も証拠となる場合があります。

ホテルの場合、そこがラブホテルなら高い確率で証拠となります。シティホテルやビジネスホテルの場合はホテル内のレストランや会議室を利用しているだけの場合もありますから、建物に入るだけでは証拠とならない場合もあり、更に踏み込んだ写真が必要となります。