慰謝料請求できる証拠

Pocket

不倫不倫は創作のテーマになる事もありますが、現実では恋愛をしている当人達ではなく、周囲の人も傷つける可能性の高い行為です。法律用語では不貞行為と表現されます。法律的に不貞行為とは男女間の性交渉を指します。性交渉を伴わない密会、いわゆるデート、キスやハグといった行為は法律上は不貞行為に当たりません

不倫の関係が相手の家族に知られてしまった場合、その家族は不倫相手を訴え、慰謝料を請求する事ができます。しかし闇雲に訴えて通るものではありません。慰謝料の請求は裁判所を通じて行われますから、判決を出すためには確かな証拠が必要です。

証拠として一番相応しいのは、配偶者本人やその不倫相手が不貞行為を認めている念書、誓約書です。しかし不倫関係は当人たちが否定する事も多く、念書を取るのは簡単ではありません。その場合に証拠となるのは、探偵による調査報告書、性行為があったと具体的に証明できるメールや写真になります。

確かな証拠があれば裁判所は二人の間に不貞行為があったと判断し、慰謝料の請求を認めます。しかし不貞行為はプライベートな行為ですから、直接的な証拠を用意する事は困難です。そのため裁判では分かる範囲の事実を並べ、そこから二人に不貞行為があったかどうかを推測しています。

裁判所が推測する判断として、直接的でなくても二人のメールのやり取りに性行為への誘い、承諾をにおわせる内容があるかどうか、二人が性行為を思わせる場所へ出向いていたかどうかが使われます。

【関連リンク】弁護士法人アディーレ法律事務所