不倫の判断基準

割れたハート不貞行為があったと裁判官が判断する基準としては、二人がどれだけの時間を一緒に過ごしたかが重視されます。これは単純に、過ごした時間が長ければ証拠になるわけではありません。裁判官は二人が一晩明かしたかを重視します。男女二人が同じ部屋で宿泊する事は、一般的に不貞行為があったと判断されます。

そのため探偵が不貞行為の証拠写真を撮る場合、ラブホテルなど明らかに不貞行為を予想させる場所でないなら、建物に入る写真と建物から出る写真を撮り、その時間を記録します。例えばどちらかの自宅に行く場合は、夜に自宅に入り翌朝に出てくる写真があると、それは不貞行為の証拠となる可能性が高いです。

逆に言うと、相手の家に行き性行為をしても、そこに泊らず夜のうちに出れば不貞の証拠として扱われない可能性が高いという事です。宿泊の事実がなく、二人が食事をしていただけだと主張すれば、裁判官はそこに不貞行為があったと推測する事なく、主張通り二人は友人として食事をしていただけだと見ます。

証拠を揃えた上で不倫の訴訟が成立するのは、二人が不倫である事を知っていながら関係を持った場合のみです。どちらかが既婚者である事を隠し関係を続けていたり、一方的に強引な関係を結んだ場合は不倫にあたりません。裁判となった場合は、お互いが不倫行為を知っていたかも重要になります。

メールや写真

喧嘩不貞行為の証拠として使われるメールは、性行為があった事を直接話すものや、誘い、承諾を話すものでなくても構いません。一般的に見て二人の間に性行為があったとされる内容なら証拠として使われます。

例えば「襲っちゃおうかな」というメールは性行為の誘いと見なされますし、「襲われちゃった」というメールは相手からの性行為を受け入れたと見なされます。裁判官は事実を確認し、そこから不貞行為をあったかどうかを推測します。メール一通だけが証拠となるわけではなく、二人の普段の行動や着信・発信履歴も含めて判断されます。

証拠写真も、実際に性行為に及んでいる写真だけが証拠になるわけではありません。性行為は非常にプライベートな空間で行われますから、それを直接撮影する事は困難ですし、場合によっては写真撮影自体が犯罪行為になります。不貞行為の証拠となる写真は二人がホテルに入る写真や、ホテルから出てくる写真です。どちらかが一人暮らしの場合は、二人で自宅へ入る写真も証拠となる場合があります。

ホテルの場合、そこがラブホテルなら高い確率で証拠となります。シティホテルやビジネスホテルの場合はホテル内のレストランや会議室を利用しているだけの場合もありますから、建物に入るだけでは証拠とならない場合もあり、更に踏み込んだ写真が必要となります。

慰謝料請求できる証拠

不倫不倫は創作のテーマになる事もありますが、現実では恋愛をしている当人達ではなく、周囲の人も傷つける可能性の高い行為です。法律用語では不貞行為と表現されます。法律的に不貞行為とは男女間の性交渉を指します。性交渉を伴わない密会、いわゆるデート、キスやハグといった行為は法律上は不貞行為に当たりません

不倫の関係が相手の家族に知られてしまった場合、その家族は不倫相手を訴え、慰謝料を請求する事ができます。しかし闇雲に訴えて通るものではありません。慰謝料の請求は裁判所を通じて行われますから、判決を出すためには確かな証拠が必要です。

証拠として一番相応しいのは、配偶者本人やその不倫相手が不貞行為を認めている念書、誓約書です。しかし不倫関係は当人たちが否定する事も多く、念書を取るのは簡単ではありません。その場合に証拠となるのは、探偵による調査報告書、性行為があったと具体的に証明できるメールや写真になります。

確かな証拠があれば裁判所は二人の間に不貞行為があったと判断し、慰謝料の請求を認めます。しかし不貞行為はプライベートな行為ですから、直接的な証拠を用意する事は困難です。そのため裁判では分かる範囲の事実を並べ、そこから二人に不貞行為があったかどうかを推測しています。

裁判所が推測する判断として、直接的でなくても二人のメールのやり取りに性行為への誘い、承諾をにおわせる内容があるかどうか、二人が性行為を思わせる場所へ出向いていたかどうかが使われます。

【関連リンク】弁護士法人アディーレ法律事務所